フロン排出抑制法変わる!3/19日改正案が閣議決定 | エアコン屋 | 空デポ

フロン排出抑制法変わる!3/19日改正案が閣議決定

オゾン層破壊や地球温暖化の原因であるフロンですが(エアコン、冷蔵庫などに使われる)
機器廃棄時のフロン回収率が低く(回収率:10年以上3割程度、直近で4割弱)
取り締まりを強化する方面で3/19に閣議決定されました。
法律案を簡単にまとめます。

変更点

工事も請け負う販売店に影響ある項目

廃棄実施者がフロン回収を行わない場合、直接罰
(これまでは間接罰:指導→勧告→命令→罰則)
廃棄物・リサイクル業者等へのフロン回収済み証明の交付を義務化
(充塡回収業者にフロン回収を依頼する場合は除く)

建物解体関連

建設リサイクル法解体届などの資料要求規定を位置付け。
解体現場の立ち入り検査範囲拡大。
機器の有無の確認記録を保存義務付け。

機器引き取り関連

廃棄物・リサイクル業者が引取り時、フロン回収済み証明無い物は引取り禁止。

なぜ変えるのか

地球温暖化対策計画の目標達成が危ういため

フロン回収率の現状と展望:METI/経済産業省

今後の展望

いま使われている「代替えフロン」から、さらに環境にやさしい「グリーン冷媒」へ置き換えていく
単純に置き換えることができないので、2点政府から支援する。
1.2018~2022年度5年間かけて、予算を入れて自然冷媒機器の導入を支援する。
2.自世代冷媒技術の開発事業を支援

最後に

罰則が強化されることですし、目標の回収率は達成できるのかなと思います。
代替えフロンからグリーン冷媒への移行は機器コストUP&冷媒の安全性面で時間がかかりそうです。
無理やり普及させるのだけは、良いこと無いのでNG

フロン排出抑制法についてはこちらをごらん下さい。

フロン排出抑制法とは環境保護の法律です。 フロンはとても便利な冷媒(熱を移動させる媒体)なのですが、地球温暖化とオゾン層の破壊してしまいます。 地球温暖化の威力で言えば二酸化炭