おすすめのエアコン節電グッツ | エアコン屋 | 空デポ

おすすめのエアコン節電グッツ

暑い夏や寒い冬に大活躍のエアコン
シーズン中はフル稼働でどうしても消費電力が多くなってしまいます。
今回はおすすめエアコン節電グッツを説明いたします。

エアコンの快適性を損なわずに節電するには

ずばり!断熱性が重要です。冷暖房したお部屋の熱や冷気が断熱性が低いとすぐ温度が外に逃げてしまいます。
エアコンの能力表示で木造と鉄筋で畳数が分かれているのも、断熱性や気密性の違いが関係しています。
断熱性以外にも温度ムラをなくすグッツやエアコン本体の熱を逃がすグッツも効果あります。

熱さや寒さの原因、熱の性質を簡単におさらい
熱には3つの伝わり方があります。

・伝導熱
物質の温度差から伝わる熱
・対流熱
空気の流れなどで伝わる熱
・輻射熱
光が物質に当たって生まれる熱

熱についての説明はなぜ熱くなる?熱の仕組みを解説をごらん下さい。

今回紹介する節電グッツは外から伝わる熱の出入りを小さくする物も含まれます。
遮熱、断熱をおこなうグッツが一番節電効果高いですよ!

お部屋の断熱効果を高めるグッツ

遮熱カーテン

遮熱カーテンとは日光熱を反射し、外気温からの変化を抑えられるカーテンです。
断熱性や防音も兼ね備えているカーテンもあります。

気密性の高い厚い生地を使い、カーテン表面や生地内部に
「樹脂コーティング」や「金属コーティング」を施すことで遮熱します。

遮熱カーテンを使うことで、輻射熱を抑えられますが
カーテン自体が熱を持つ対流熱は防ぎ切れません。

カーテンの節電効果

遮熱カーテン>遮光カーテン>普通のカーテン
になります。

性能が高いカーテンほど、効果が高いです。
もし良いカーテンを使うなら、次に紹介する
エコカーテンなどを併用すると、グッと遮熱効果が上がります。

すだれ、よしず、サンシェード、エコカーテン

素材は様々ですが、夏の熱対策であれば最も効果的です。
窓から光はどうしても入ってしまい、お部屋が暑くなってしまいます。
しかしお部屋に光が入る屋外で光を遮ることで、熱源の大本を対処いただけます。

すだれ・よしず・エアカーテンはガッツリ光を遮るのでお部屋が暗くなりますが
サンシェードであれば、光をある程度確保しつつ熱対策することが可能です。

断熱・遮熱フィルム

断熱フィルムの性質によって夏場・冬場の省エネ削減率が違います。

  • 光反射
  • 光吸収
  • 空気の層で断熱

の3パターンがあります。
断熱でいうと、2重窓の方がより効果的です。

断熱・遮熱フィルムの効果

フィルムの色が濃いほど、断熱・遮熱効果は高い
しかし、お部屋の中が暗くなってしまうデメリットもある。

窓ガラスの断熱性が高まり、結露がおきにくい。

メーカー情報だと窓から出る熱量を20%カット
夏、窓から入る熱量は家全体の73%と言われています。
それを考えると、目に見えて効果はありそうです。

網入りガラスは熱吸収タイプのフィルムを貼ると、ガラスと鉄線の温度差で熱割れを起こしてしまいます。
反射タイプの断熱・遮熱フィルムを選ぶ必要があります。

お部屋の温度ムラをなくす

エアコンファン

何も対策をしないと、温かい空気は天井にたまり
冷たい空気が床下に溜まってしまいます。
ファンを使いお部屋の温度ムラを緩和することで、エアコンの温度設定を見直すことが出来ます。

エアコンの設定温度を見直すことで、節約できる電気代についてはこちらをごらんください。

エアコンの暖房電気代どっちがお得?【つけっぱなし・on/off】
節電を考えるとエアコンをつけっぱなしにするより 必要なときだけ運転したほうが良いです。 今回はどういった運転をすれば電気代を抑えられるのかご紹介します。 また、つけっぱな

エアコンの風を撹拌、冷暖房風が直接当たって不快になることもありません。

エアコン本体の熱を逃がす。

室外機カバー

エアコンの室外機は部屋の冷暖房をする大事な機械です。
外においている室外機で、熱や冷気を作り出し室内機で冷暖房します。

例えば室外機で冷気を作り出す場合、室外機自体の温度が低ければ低いほど
効率よく冷気を作り出せます。

ただし冬は熱を作り出すので、カバーをかけて日が当たらず室外機の温度を下がると
熱を作り出す効率が下がってしまいます。

なので、夏は緑で日陰を作り冬は葉が枯れる落葉樹がおすすめです。

室外機に水をかけることで、節電に

ビル用エアコンだと、一定間隔で水を噴射する機械をオプションでつけられます。
メーカーは直接水をかけてお手入れするのは推奨していません。
(基本的に室外機は頑丈ですが、もし基盤に水が入るとショートし壊れてしまいます)

そこでおすすめしたい方法は
バケツに水を入れて、タオルを使って水をかける方法です。


注意点は元々室外機は物を置くように作られていません
あまり重い物を載せないように気をつけましょう。